最高の犬と人間の関係を築く!ドッグトレーナー資格ガイド

この記事を書いた人
WITH PET WORK編集部をフォローする
dog ペット×健康

犬と人間が円滑な関係を築くために、信頼を築くことが大切です。その役割を担うのがドッグトレーナーです。彼らは犬たちの心と体を理解し、飼い主さんと犬たちが最高のパートナーシップを築く手助けをしています。この記事では、ドッグトレーナーをめざす方に向けて、役割や重要性、そして対象の資格について説明します。どのような道を選ぶべきか、どのような訓練を行うべきか、その取得方法など、是非最後までお付き合いください。

1. はじめに:ドッグトレーナーとは

dog training

1.1 ドッグトレーナーの役割と重要性

ドッグトレーナーは、犬にしつけや訓練を施す職業であり、家庭犬のしつけを専門としています。彼らは飼い主さんと犬の関係を良好にし、犬が社会で快適に過ごせるようにサポートします。

1.2 しつけの範囲と内容

ドッグトレーナーは、犬のしつけの幅広い範囲をカバーしています。例えば、トイレのしつけや基本的なコマンド(「おすわり」「待て」など)の教え込みだけでなく、噛み癖や吠え癖の矯正、芸の教え込みなども行います。また、飼い主さんのニーズに合わせてパーソナライズされたトレーニングを提供することも重要です。

1.3 使役犬の訓練

ドッグトレーナーは、人のために働く使役犬(盲導犬、介助犬、警察犬など)の訓練も担当します。これらの犬たちは高度な訓練が必要であり、社会での役割も非常に重要です。ドッグトレーナーには、高度な技術とスキルが求められます。

1.4 ドッグトレーナーの役割と重要性

ドッグトレーナーは、犬と飼い主さんの関係を良好にし、社会での役割を果たすことに重要な役割を果たしています。彼らのアドバイスや指導によって、飼い主さんは犬のしつけ方法やコミュニケーションの改善を学び、犬たちは快適な生活を送ることができます。ドッグトレーナーの存在は、犬のしつけと人々の生活の質の向上に欠かせません。

2. ドッグトレーナーになる方法

dog training

ドッグトレーナーになるためには、いくつかの方法があります。以下にその方法をご紹介します。

2-1. 独学の方法

ドッグトレーナーになるための知識や技術は、独学でも身につけることができます。自己学習をして基本的な知識やトレーニングの方法を学ぶことができます。ただし、実践経験がない場合、正しい指導ができるかどうかは難しいですし、また経験を積んでいくことも難しいです。

2-2. 専門学校の通学の方法

専門学校に通うことで、より体系的にドッグトレーナーの知識や技術を学ぶことができます。専門学校では、実習や実践的なトレーニングも行われるため、より実践的なスキルを身につけることができます。また、専門学校では就職支援も行っている場合があり、卒業後の就職もスムーズに進めることができます。ただし、学費や時間の面での負担があります。

2-3. 通信講座の方法

通信講座を利用することで、自宅での学習が可能です。通信講座は、教材やテキストを利用して学習を進めるため、自分のペースで学ぶことができます。また、一部の通信講座ではオンラインや動画教材も利用でき、より実践的な知識や技術を身につけることができます。通信講座では、安価なものも多くあり、時間的な制約がある場合でも学習を進めることができます。

いかなる方法を選ぶにせよ、ドッグトレーナーになるためには知識と経験が不可欠です。自分に合った学習方法を選んで、着実に学んでいくことが重要です。

3. ドッグトレーナー向け資格とその取得法

dog training

ドッグトレーナーになるためには、さまざまな資格を取得する必要があります。以下では、ドッグトレーナー向けの代表的な資格とその取得方法について説明します。

3-1 犬のしつけインストラクター資格

犬のしつけインストラクター資格は、日本インストラクター技術協会が主催する認定資格です。この資格では、以下の内容を学ぶことができます。

  • しつけの基礎
  • 犬種ごとのしつけの違い
  • 癖の改善方法

この資格を取得するためには、日本インストラクター技術協会の認定講座に参加し、修了試験に合格する必要があります。

3-2 ドッグトレーニングアドバイザー資格

ドッグトレーニングアドバイザー資格は、日本生活環境支援協会が主催する認定資格です。この資格では、以下のスキルを身につけることができます。

  • 家庭犬のしつけやトレーニング
  • 訓練手順の正確な実施

この資格を取得するためには、日本生活環境支援協会の認定講座に参加し、修了試験に合格する必要があります。

3-3 ドッグトレーナーライセンス

ドッグトレーナーライセンスは、日本ドッグトレーナー協会が主催する認定資格であり、C級ライセンスの取得が必要です。この資格を取得する手順は以下の通りです。

  1. 日本ドッグトレーナー協会のスクーリングに参加する。
  2. 3日間の講座を修了する。
  3. C級ライセンスの資格試験に合格する。

3-4 家庭犬トレーナー資格

家庭犬トレーナー資格は、国際家庭犬トレーニング協会が主催する認定資格です。この資格は、一般の家庭で飼育されている犬のしつけの基礎知識を証明します。

この資格を取得するためには、国際家庭犬トレーニング協会の講座に参加し、指定の課題をクリアする必要があります。

以上が、ドッグトレーナー向けの代表的な資格とその取得方法です。自分の目標に合わせて適切な資格を選び、専門知識を習得していきましょう。

4. ドッグトレーナーの仕事内容とやりがい

dog training

ドッグトレーナーの仕事内容

ドッグトレーナーの仕事は、犬にしつけや訓練を施すことから始まります。しかし、全ての犬に同じような厳しい訓練を行うわけではありません。犬の種類や性格、飼い主のニーズに合わせてトレーニングの内容を変えることが重要です。

ドッグトレーナーの主な仕事内容は以下の通りです:
1. 基本のしつけ:トイレトレーニングや基本的なコマンド(おすわり、待て、おいでなど)の教え方を犬に教えます。これは、犬が快適に家庭で生活するための基礎です。
2. 問題行動の矯正:噛み癖や吠え癖などの問題行動を改善するためのトレーニングを行います。飼い主さんから相談を受け、犬の問題行動の原因を特定し、適切な方法で矯正します。
3. 芸の教え方:犬に芸を教えることもドッグトレーナーの仕事の一つです。例えば、輪やジャンプ、転がりなどの芸を犬に指示するための訓練を行います。
4. アドバイスの提供:飼い主さんに対して、犬の接し方やしつけ方法のアドバイスを行います。犬だけでなく、飼い主さんが犬との関係を良好に築けるようにサポートします。

ドッグトレーナーのやりがい

ドッグトレーナーの仕事にはやりがいもあります。以下はその一例です:
1. 犬との触れ合い:ドッグトレーナーの最大の喜びは、毎日の犬との触れ合いです。さまざまな犬と触れ合い、仲を深め、信頼関係を築くことは、何度経験しても喜ばしく、楽しいものです。
2. 成長の見守り:犬の成長を身近で見ることができることも、ドッグトレーナーのやりがいの一つです。短期間で成果を求められる場合には、プレッシャーもありますが、トレーニングの成果が現れ、犬と飼い主さんの悩みが解決する瞬間には、大きなやりがいを感じることができます。
3. 強い絆の育成:ドッグトレーナーは、人と犬との生活を改善し、強い絆を育むきっかけを作ることができます。犬と飼い主さんの関係性の向上に貢献できることは、非常にやりがいのある仕事です。
4. 使命感の実現:盲導犬や介助犬、警察犬など、人のために使命を持って働く使役犬の訓練を行う場合もあります。人々の生活に貢献できる仕事に携われることは、ドッグトレーナーのやりがいと言えるでしょう。

ドッグトレーナーの仕事は、犬との触れ合いや成長を育むことで喜びを感じる一方で、苦戦やプレッシャーもあります。しかし、犬と飼い主さんの問題を解決し、強い絆を育むことができるとき、大きなやりがいを感じることができます。

5. 就職先と年収について

dog training

ドッグトレーナーの就職先や年収は、様々な要素によって異なります。以下では、就職先の選択肢や年収の相場について詳しく解説します。

就職先の選択肢

ドッグトレーナーの就職先はさまざまです。ペットショップや動物病院、ドッグトレーニング施設、訓練学校などがあります。特にペットショップや動物病院では、ドッグトレーナーの求人が比較的多いです。就職先を選ぶ際には、以下の要素を考慮してください。

  • 職場環境:労働条件や雇用形態、福利厚生などの面で自分に合った職場を選ぶことが重要です。
  • 求人情報:ハローワークや関連の求人サイトで、条件に合った求人を探すことができます。
  • 経験の有無:経験がある場合は、経験者を優遇している会社や訓練施設に転職することも一つの選択肢です。
  • 独立開業:将来的に独立してフリーランスのドッグトレーナーとして働くことも可能です。独立開業する場合は、自身の実績や腕前、集客スキルが重要となります。

年収の相場

ドッグトレーナーの年収は、地域や勤務先、経験や実績によって大きく左右されます。一般的に、ドッグトレーナーの初任給は月収13~20万円程度です。経験を積んで一人前になると、平均年収は300~380万円が相場とされています。ただし、大会での実績や複数の資格取得など、自身の腕を磨くことによってより高収入を得ることも可能です。

また、独立してフリーランスのドッグトレーナーになる場合は、収入は自分次第となります。成功すれば1,000万円以上の年収を得ることも可能ですが、一時的な結果ではなく、経営者としてのスキルや集客力が求められます。

以上のように、ドッグトレーナーの就職先や年収には様々な要素が関わってきます。自身の目標や希望に合わせて、適切な選択肢を見つけることが重要です。幅広い求人情報を確認し、経験を積んだり資格を取得したりすることで、より良い職場環境や高収入を実現することができるでしょう。

まとめ

ドッグトレーナーを目指す方にとって、犬のトレーニングやしつけに関する専門的な知識や経験が不可欠です。独学や専門学校、通信講座などさまざまな方法で学んでいくことが重要です。また、ドッグトレーナー向けの資格取得も一つの選択肢です。犬のしつけや訓練を通じて犬と飼い主さんの関係性を改善し、犬たちが快適な生活を送れるようにサポートすることは、非常にやりがいのある仕事です。就職先や年収にも様々な要素が影響しますが、自身の目標や希望に合わせて適切な選択肢を見つけることが重要です。犬のトレーニングを通じて、犬と飼い主さんの幸せを追求しましょう。

よくある質問

Q1. ドッグトレーナーになるためにはどのような資格が必要ですか?

A1. ドッグトレーナーになるためには、犬のしつけインストラクター資格やドッグトレーニングアドバイザー資格、ドッグトレーナーライセンスなどの資格を取得する必要があります。

Q2. ドッグトレーナーの年収はどのくらいですか?

A2. ドッグトレーナーの年収は、地域や勤務先、経験によって大きく異なりますが、初任給は月収13~20万円程度で、平均年収は300~380万円が相場とされています。

Q3. ドッグトレーナーの仕事はどのような内容ですか?

A3. ドッグトレーナーの主な仕事は、犬のしつけや訓練を行うことです。基本のしつけや問題行動の矯正、芸の教え方などが仕事の一部です。

Q4. ドッグトレーナーに転職するためにはどのような経験やスキルが必要ですか?

A4. ドッグトレーナーに転職するためには、犬のしつけや訓練の経験が求められます。また、関連する資格の取得や経営スキル、集客力の向上も重要です。