犬と一緒に電車に乗ろう!注意点・料金・各鉄道会社の乗車規定まとめ

この記事を書いた人
WITH PET WORK編集部をフォローする
dogs ペット×健康

ペットとして人気の犬ですが、飼い主と一緒に外出する際には、電車を利用することも多いですよね。しかし、犬を電車に乗せる際には、料金や乗車規定など、知っておかなければならないポイントがたくさんあります。この記事では、犬を電車に乗せる際の注意点や料金、各鉄道会社の乗車規定について詳しく解説していきます。犬と一緒に電車での移動を楽しむために、必ず押さえておきたい情報ばかりですので、ぜひ最後までお読みください!

1. 犬や猫を電車に乗せる際の注意点

train station

犬や猫を電車に乗せる際には、いくつかの注意点を守る必要があります。これらのポイントを押さえておけば、ペットと一緒に電車での移動もスムーズに行うことができます。

1.1 ペット同伴乗車のルールを確認する

まずはじめに、各鉄道会社のペット同伴乗車のルールを事前に確認しておきましょう。鉄道会社によってルールが異なる場合がありますので、きちんと把握しておくことが重要です。乗車に際して必要な手続きや条件、乗車できる車両や時間帯などを確認し、それに沿って行動しましょう。

1.2 必要な準備を十分にする

ペットと一緒に電車に乗る際には、事前に必要な準備をしっかりと行っておくことが大切です。以下のポイントに注意しましょう。

  • キャリー:キャリーバッグや輸送ケースを用意し、ペットが快適に過ごせるような空間を作りましょう。キャリーの中にはペットが安心できるベッドやタオルを入れることもおすすめです。
  • トイレ:電車内でのトイレの用意も忘れずにしましょう。犬の場合は散歩で済ませるか、キャリーにトイレシーツを敷くなどの工夫が必要です。
  • 食事:出発直前の食事は避けるようにしましょう。乗り物酔いの原因になることがあります。
  • 防寒・保冷:季節に応じた対策を行いましょう。冷暖房が効いている場所では、ペットが快適に過ごせるような工夫が必要です。

1.3 ペットの安全確保

電車内では、ペットの安全を確保するために以下のポイントに注意しましょう。

  • キャリーの位置:キャリーは手に持つか、壁際など安全が確認できる場所に置くようにしましょう。通路に置くとぶつかったり蹴られたりする可能性があります。
  • 目隠し:ペットが興奮しやすい場合は、キャリーケースカバーやブランケットなどで目隠しをすると落ち着くことがあります。
  • 休憩:こまめに休憩をとってペットを安心させましょう。ペットが騒ぎ出したり、異常な様子が見られた場合は、一旦電車を降りて様子を見ることも必要です。

以上が犬や猫を電車に乗せる際の注意点です。これらのポイントを守りながら、愛犬や愛猫と一緒に快適な電車の旅を楽しんでください。注意点を守ることで、ペットも飼い主も安心して移動することができます。

2. 路線バスでのペットの乗車

bus

路線バスでは、一般的には無料で犬を乗せることができますが、バス会社ごとにルールが異なるため、事前に確認が必要です。

以下に、路線バスでのペットの乗車に関するルールと注意点をまとめました。

ペットの種類とルール

  • 路線バスでは、身体障害者補助犬や愛玩用の小動物のみを乗せることができます。
  • バス内では、リードをつけたまま乗ることはできません。キャリーケースに入れて持ち込みましょう。
  • 一部のバス会社では、特定の条件を満たす小犬、猫、鳩などの小動物を有料の手回り品として持ち込むことができます。

東武バスのペットの乗車

  • 東武バスでは、愛玩動物(ペット)を車内に持ち込むことができますが、他のお客様の迷惑や混雑時はご遠慮いただくことがあります。
  • 愛玩動物を持ち込む際は、愛玩用動物専用ケージの中に完全に入れる必要があります。
  • ペットカートやペット用スリングは持ち込むことができません。

都営バスのペットの乗車

  • 都営バスでは、盲導犬、介助犬、および愛玩用小動物(ペット)以外は、基本的には車内への動物の持ち込みは禁止されています。
  • 愛玩用小動物(ペット)の持ち込みについては、完全な容器に入れられ、頭や手足が出ていないものに限ります。手回り品の条件も満たしている必要があります。ペット用スリングやペットカートは持ち込むことができません。

国際興業バスのペットの乗車

  • 国際興業バスでは、盲導犬や介助犬はそのまま乗車が可能です。
  • 愛玩用小動物(ペット)を持ち込む場合は、鳴き声やにおいを出さず、完全なケースに入れている必要があります。ペット用スリングは持ち込めません。

西武バスのペットの乗車

  • 西武バスでは、盲導犬や介助犬、愛玩用小動物(ペット)と一緒に乗ることができます。
  • 愛玩用小動物を持ち込む場合は、手や足、頭が完全に収容されている必要があります。また、手回り品の条件も満たしている必要があります。ペットバギーやペット用スリングは持ち込むことができません。

以上が、主要な路線バス会社でのペットの乗車ルールと注意点です。各バス会社によって細かな違いがあるため、事前に確認することをおすすめします。ペット同伴でのバスの利用が可能な場合は、快適な移動のためにキャリーケースやリードを準備しましょう。

3. 新幹線でのペットの乗車

pet, train

新幹線を利用してペットを連れて旅行する際には、いくつかの注意点に気を付ける必要があります。以下に、新幹線でペットを連れて乗車する際の注意事項を詳しく説明します。

ペットを持ち込むための料金と手回り品きっぷ

新幹線にペットを連れて乗車する際には、「普通手回り品きっぷ」が必要です。このきっぷの料金は1つにつき290円で、新幹線の「ペット料金」となります。手回り品きっぷは、乗車当日に駅の窓口で購入する必要があります。券売機では手回り品きっぷは購入できないため、必ず窓口での購入となります。

ペットケースの制限

新幹線に持ち込むことができるのは、小犬や猫、鳩などの小動物です。ただし、猛獣やへびなどは持ち込むことができません。また、ペットケースには以下の条件があります。
– ケースの縦・横・高さの合計が120cm以内であること
– ケースとペットの合計重量が10kg以内であること

ペットケースの持ち込み方法

新幹線にペットを連れて乗車する際は、ペット専用のケースに入れることが必要です。ケースに入れたペットは、座席に置くことはできません。ペットが快適に過ごせるように、ケースの中の温度が適切であるかなども注意して整えましょう。

ペットの座席確保に関するルール

新幹線では、ペットのために座席を確保することはできません。ペットを連れて乗車する際は、手回り品としてペットケースを持ち込むことになります。ペットケースは足元に置くことができますが、他のお客様に迷惑をかけないように配慮しましょう。

以上が新幹線でペットを連れて乗車する際の注意事項です。ペットと一緒に新幹線の旅行を楽しむ際には、これらのルールを守って移動しましょう。

4. 各鉄道会社のペットの電車料金と乗車規定

train, pet

各鉄道会社は、ペットを電車に持ち込む際に異なる料金と乗車規定を設けています。以下では、主要な鉄道会社の料金と規定をご紹介します。

JR東日本

  • 料金:有料(290円)
  • ペットのサイズ制限:
  • 3辺の合計が120センチメートル以内
  • 重量が10キログラム以内

東武鉄道

  • 料金:無料
  • ペットのサイズ制限:
  • 容器の縦・横・高さの合計が120センチメートル以内
  • 容器に収納した重量が10キログラム以内

京成電鉄

  • 料金:無料
  • ペットのサイズ制限:
  • 容器の縦・横・高さの合計が120センチメートル以内
  • 容器に収納した重量が10キログラム以内

小田急電鉄

  • 料金:無料
  • ペットのサイズ制限:
  • 容器の長さが70センチメートル以内
  • 立方体の長さ・幅・高さの和が120センチメートル程度
  • 重量が10キログラム以内

東急電鉄

  • 料金:無料
  • ペットのサイズ制限:
  • 容器の縦・横・高さの合計が120センチメートル以内
  • 容器に収納した重量が10キログラム以内

これらが代表的な鉄道会社のペットの電車料金と乗車規定です。各社によって細かいルールが異なる場合もあるため、事前に調査しておくことをおすすめします。また、他の旅客に迷惑をかけないよう、ペットを適切な容器に入れて持ち込むことが大切です。

5. 電車でのペットとの移動の準備とポイント

train travel

電車でペットを安全に移動させるためには、事前の準備が必要です。以下には、成功した電車移動のための準備とポイントがあります。

キャリーに慣らしておく

ペットをキャリーに慣れさせることは重要です。以下のポイントを考慮してキャリーに慣れさせましょう。

  • 自宅で少しずつキャリーに慣れさせる
  • キャリー内でおやつやごはんを与え、ペットが安心できる場所と認識させる
  • キャリーに入れた状態で公園まで歩いて慣れさせる
  • 不安や鳴き声が出ても焦らずじっくりと慣れさせる

電車に乗る練習をする

キャリーに慣れたら、実際に電車に乗る練習をすることが重要です。以下のポイントに注意しながら、電車に乗る練習を行いましょう。

  • 短距離の乗車を試し、電車の環境に慣れる
  • 公園で散歩や遊びをし、「電車に乗れば楽しいことがある」というイメージを持たせる

目的地までのルートや乗り換えを調べておく

電車移動では、事前にルートや乗り換えについて詳しく調べておくことが重要です。以下のポイントに注意しながら、ルート探索を行いましょう。

  • 利用する鉄道会社の乗車ルールや料金を把握する
  • エレベーターやエスカレーターの位置を調べ、移動時のストレスを軽減する
  • 時間に余裕を持って出発し、ペットの体調不良やトラブルに対応できる

乗車前にやっておくこと

実際に電車に乗る前には、以下の準備をしておくことが重要です。

  • キャリー内にベッドやタオルを入れ、ペットが安心する環境を作る
  • 乗車直前の食事は避け、乗り物酔いを防ぐ
  • 駅までの道でペットがトイレを済ませるようにする
  • 混雑時間帯や車両を避けるようにする

乗車中に注意すること

電車に乗っている間は、ペットの様子に注意を払いましょう。以下のポイントに注意しながら、乗車中の管理を行いましょう。

  • ペットがストレスになる場所を避ける
  • ペットが鳴いたり暴れたりしたら、一度電車を降りて落ち着かせる
  • ペットの様子が異常な場合は、すぐに下車し病院を受診する

以上が、電車でのペットとの移動の準備とポイントです。これらのポイントに注意しながら、ペットと一緒に安全に電車移動を楽しんでください。

まとめ

この記事では、犬や猫を電車に乗せる際の注意点や各鉄道会社のペットの電車料金と乗車規定、ペットとの電車移動の準備とポイントについて紹介しました。

犬や猫と一緒に電車を利用する際には、鉄道会社のルールを事前に確認し、必要な準備をしっかりと行いましょう。キャリーに慣れさせたり、電車に乗る練習をしたりすることで、ペットが安心して移動できる環境を整えることができます。

また、各鉄道会社のペットの電車料金と乗車規定も把握しておきましょう。会社によって違いがあるため、事前に調査することが重要です。さらに、ルートの調査や乗車前の準備、乗車中の注意点にも注意を払いましょう。

ペットと一緒に電車を利用することで、快適な移動ができます。ペットの安全を確保しながら、楽しい電車の旅を楽しんでください。

よくある質問

Q1. 電車でペットを連れて行けますか?

A1. はい、多くの鉄道会社ではペットを電車に連れて行くことができます。ただし、各鉄道会社によってルールや料金が異なる場合がありますので、事前に確認が必要です。

Q2. ペットと一緒に電車に乗る際の料金はいくらですか?

A2. 鉄道会社によって異なりますが、一般的には料金が必要です。料金は、乗車するペットのサイズや重さによって異なる場合がありますので、詳細は各鉄道会社のウェブサイトや窓口でご確認ください。

Q3. ペットを電車に乗せる際の条件はありますか?

A3. はい、ペットを電車に乗せる際にはいくつかの条件があります。各鉄道会社のルールに従う必要がありますので、事前に確認しておくことが重要です。具体的な条件は前述の文章でご確認ください。

Q4. ペットと一緒に電車に乗る際の注意点はありますか?

A4. はい、ペットと一緒に電車に乗る際にはいくつかの注意点があります。以下に一部をまとめましたが、詳細は前述の文章をご確認ください。
– ペットのサイズや重さに制限がある場合がある
– 必要な準備をしっかりと行う
– ペットの安全確保に注意する
– 各鉄道会社のルールを守る
– 他の乗客に迷惑をかけないようにする