犬8時間留守番のストレスフリーな方法!共働き家庭や一人暮らしに役立つアイディア

この記事を書いた人
WITH PET WORK編集部をフォローする
dog ペット×健康

犬は人間と同じように寂しさを感じる生き物です。共働き家庭や一人暮らしの飼い主さんにとって、犬を長時間留守番させることは避けられない場面も多くなります。特に8時間以上の留守番は犬にとってもストレスがたまることがありますが、工夫次第で上手に対処できます。今回は、”犬8時間留守番”に関するポイントや留守番時間が長くなる共働き家庭や一人暮らしでの犬の飼い方について解説していきます。これから犬を飼おうと考えている方やすでに飼っている方にも役立つ情報が満載ですので、ぜひ参考にしてください。

1. 犬が留守番中に快適に過ごすためのポイント

dog

犬が留守番中に快適に過ごすためには、適切な準備と接し方が重要です。以下に留守番前の準備と留守番後の接し方を紹介します。

1.1 留守番前の準備

犬が留守番中にストレスを感じないよう、準備をしっかりと行いましょう。

1.1.1 適度な運動をさせる

留守番前には、犬に適度な運動をさせることが大切です。散歩やボール遊びなど、体を動かすことで犬は疲れて眠くなります。運動後は静かに過ごしやすい状態になります。

1.1.2 ご飯を与える

お散歩の後に犬にご飯を与えると、満腹感が生まれ、眠気が増します。ご飯を与えるタイミングを合わせることで、犬は穏やかに過ごすことができます。

1.1.3 興奮を避ける

留守番直前に興奮させるようなおもちゃ遊びは避けましょう。興奮することで犬の体が活発になり、静かに過ごすことが難しくなります。静かな状態に落ち着かせるためには、興奮する要素をできるだけ排除することが大切です。

1.2 留守番後の接し方

留守番後、犬との接し方も大切です。犬が興奮せずに落ち着くまで待ってから、適切な接し方をしましょう。

1.2.1 興奮を待つ

留守番後、犬が飼い主さんに対して喜びを表現することがあります。しかし、飼い主さんも興奮してしまうことがありますが、犬が落ち着くまで待つことが重要です。犬が落ち着いたら、指示を出して待てるかどうかを確認し、できた場合は褒めてあげましょう。

1.2.2 問題行動は罰しない

留守番中に問題行動が起きた場合、罰することは避けましょう。犬は時間の経過とともに忘れてしまう傾向があるため、問題行動が起きた直後に罰しても効果がありません。問題行動が起きた後は、犬が落ち着いた状態になった後に褒めることが大切です。

犬の留守番中のストレスを軽減するためには、留守番前の準備と留守番後の接し方がとても重要です。適切な準備をして犬がストレスなく過ごせるようにし、留守番後も犬が落ち着くまで待ち、問題行動が起きても叱るのではなく褒めることを心がけましょう。

2. 留守番時間が長くなる共働き家庭や一人暮らしでの犬の飼い方

dog

共働きや一人暮らしの場合、犬を飼うと留守番時間が長くなることが多いです。しかし、適切な対策を取ることで、犬が快適に過ごせる環境を作ることができます。

以下に、共働き家庭や一人暮らしで犬を飼う際の飼い方のポイントをご紹介します。

a. デイケアやドッグシッターの活用

  • 犬の長時間の留守番が必要な場合は、デイケアやドッグシッターの利用を検討しましょう。
  • デイケアは、家を空ける時間帯に犬を預けることができるサービスです。犬が他の犬と遊ぶことでストレスを軽減できます。
  • ドッグシッターは、一定期間犬を預かってくれるサービスです。信頼できるドッグシッターを見つけることで、犬が安心して過ごせます。

b. 犬種の選定

  • 犬種によって留守番に適している子もいれば、適していない子もいます。犬種の性格や特徴を事前に調べ、自分のライフスタイルに合った犬種を選びましょう。
  • 運動量が多い犬種は、長時間の留守番が苦手な場合があります。逆に、運動量が少ない犬種は、比較的留守番に適しています。

c. 留守番トレーニングの実施

  • 犬には留守番の訓練をすることが重要です。留守番に慣れさせるため、徐々に時間を延ばしていきましょう。
  • 留守番トレーニングのポイントは、短い時間から始め、徐々に慣れさせていくことです。犬が不安を感じない程度に留守番時間を調整しましょう。

d. 心のケアをする

  • 犬が長時間留守番すると、ストレスを感じることがあります。ストレスが蓄積すると、犬の行動や健康に悪影響を及ぼすこともあります。
  • 犬がストレスを感じないよう、おもちゃやボールなどで遊ばせたり、音楽をかけたりすることで落ち着かせることができます。
  • 犬が自由に動けるスペースを確保し、適度な運動量を確保することも大切です。

3. 長時間留守番でも大丈夫な方法

dogs

長時間留守番が必要な場合でも、犬が安心して過ごすための方法があります。以下では、長時間の留守番に対応するための具体的な方法を紹介します。

1. 十分な運動と刺激を与える

留守番前に犬に十分な運動と刺激を与えることが重要です。 ワンコを外で遊ばせたり、散歩に連れて行ったりすることでエネルギーを発散させましょう。さらに、おもちゃやパズルトイを使って知能や運動量を刺激することも効果的です。

2. 安心な留守番スペースの整備

犬が快適に過ごせるように、留守番スペースを整えることも重要です。ベッドやクレートを配置し、お気に入りのおもちゃや好きな物を置くことで安心感を与えましょう。犬が自由に出入りできる場所を設けることも、ストレスを軽減する上で役立ちます。

3. 環境の調整

留守番中に犬が快適に過ごすためには、室温や湿度の調整も重要です。適切な温度と湿度を保つことで、犬の健康と快適さを守りましょう。また、水や食事の用意も忘れずに行いましょう。

4. エンリッチメントの活用

犬が飽きることなく留守番できるようにするために、エンリッチメントを活用しましょう。おもちゃやパズルトイを与えることで犬の知能や運動量を刺激します。また、留守番中に音楽やテレビをつけることで、犬に刺激を与えることもできます。さらに、犬が好む香りを使って留守番スペースに香りを広げることで、犬の適応を促すこともできます。

5. 見守りカメラの利用

犬の様子を確認するために、見守りカメラの使用をおすすめします。これにより、外出先から犬の様子を確認したり、声をかけたりすることが可能です。

留守番中でも犬が安心感を持つことが最も重要です。愛犬の個性や性格に合わせて、適切な方法を選びましょう。

4. 犬の留守番環境を快適にするための工夫

dog

犬が留守番中に安心して過ごすためには、彼らに適した環境を整えることが重要です。以下では、留守番環境を快適にするためのいくつかの工夫方法を紹介します。

ケージやサークルを活用しよう

犬の留守番中には、ケージやサークルを使用することが安全の面でも重要です。そのためには、事前に犬をケージやサークルに慣れさせておくことが必要です。

以下は、ケージやサークルを活用する際のポイントです。

  • ケージやサークル内には、犬のお気に入りのおもちゃやベッドを配置しましょう。これにより、犬は自分のスペースに安心感を持つことができます。
  • 犬が入り込んでしまうかもしれない危険な場所には、柵やゲートを設置してアクセスを制限しましょう。

適切な室温を保つ

犬が留守番中に快適に過ごすためには、部屋の室温を適切に調整することが重要です。

以下は、室温を調整する際のポイントです。

  • 特にケージやサークル内は、快適な室温を保つ必要があります。季節に応じて、冷房や暖房を利用して適切な室温に調整しましょう。

十分な水と食事を確保しよう

犬が留守番中には、十分な水と食事を確保することが大切です。

以下は、水と食事を確保する際のポイントです。

  • 安定した容器を使用したり、複数の食器を置くことで、水のこぼれを防ぎましょう。
  • 長時間留守番をする場合は、自動給水器や給餌器を利用すると便利です。

環境を整えよう

犬が留守番中に事故やトラブルを起こさないよう、部屋の環境を整えることも重要です。

  • 犬の手の届かない場所に危険な物や食べてはいけない物を保管しましょう。特に電気コードや小さな物には注意が必要です。

癒しの要素を取り入れよう

犬は癒しを求める生き物ですので、留守番環境に癒しの要素を取り入れることもおすすめです。

以下は、癒しの要素を取り入れる際のポイントです。

  • ラジオやテレビをつけておくと、犬が安心することがあります。
  • 飼い主の匂いのついたTシャツやタオルを近くに置くことで、犬にとって安心感を与えることができます。

これらの工夫をすることで、犬の留守番環境をより快適にすることができます。犬に合った方法や工夫を取り入れて、安心して留守番させましょう。

5. 留守番が得意な犬種の選び方

dogs

犬を飼う際に留守番が得意な犬種を選ぶことは非常に重要です。留守番が得意な犬種は、飼い主が不在の時間でも比較的落ち着いて過ごす傾向があります。以下に、留守番に適している犬種の一部をご紹介しますが、参考程度にご覧ください。

5.1 穏やかで自立心が強い犬種

留守番が得意な犬種は、穏やかで自立心が強く、辛抱強い性格を持つことが特徴です。以下に、代表的な犬種を挙げます:

  1. ラブラドール・レトリーバー
  2. 柴犬
  3. シーズー

これらの犬種は、留守番中でも落ち着いているため、比較的環境の変化に対応しやすくなっています。

5.2 生後半年以上の犬を選ぶ

留守番をさせる可能性がある場合は、生後半年以上の犬を選ぶことをおすすめします。生後半年以上の犬は、しつけが終わっていることが多く、留守番中の不安も少なくなるでしょう。

これらの犬種や生後半年以上の犬を選ぶことで、留守番が得意な犬を飼うことができます。ただし、犬は個体差がありますので、犬種を選ぶ際には慎重に検討することが大切です。

犬を飼う際には、犬種の性格や特徴をよく理解し、飼い主の生活スタイルや犬のニーズに合った犬種を選ぶことが重要です。また、犬の留守番にはトレーニングや環境づくりも欠かせません。飼い主自身が犬の留守番に向けた準備をしっかりと行い、円滑な共同生活を送るよう努めましょう。

犬を飼うことは責任と忍耐力を必要としますが、適切な犬種の選択と留守番に関する適切なケアとトレーニングを行えば、留守番が得意な犬との生活をスムーズに送ることができるでしょう。

まとめ

犬を飼う際には、留守番に慣れるための準備や接し方が重要です。犬が安心して留守番をするためには、適切な運動や食事、安心できる環境を整えることが大切です。また、留守番が得意な犬種を選ぶことも留意してください。犬の留守番は飼い主とのコミュニケーションが欠かせませんので、犬の個性や特性を理解し、適切なケアを行って共同生活を送りましょう。犬との幸せな生活のためには、犬が留守番中にストレスを感じないようにすることが重要です。留守番前の準備と留守番後の接し方を適切に行い、犬が快適に過ごせる環境を整えましょう。犬が安心して留守番をし、健康で幸せな生活を送るために、飼い主自身が犬の留守番に向けた準備とケアをしっかりと行ってください。

よくある質問

Q1. 犬が留守番中のストレスを軽減するためにはどうすれば良いですか?

A1. 犬が留守番中にストレスを軽減するためには、適切な準備と環境づくりが重要です。適度な運動をさせたり、興奮を避けたりすること、留守番スペースを安心できる場所に整えることなどが有効です。

Q2. 共働きや一人暮らしの場合、犬を飼うことはできますか?

A2. 共働きや一人暮らしの場合でも犬を飼うことは可能です。デイケアやドッグシッターの利用、留守番トレーニングの実施、犬種選びの工夫などで犬が快適に過ごせる環境を作ることができます。

Q3. 犬を長時間留守番させる場合、何か注意すべきことはありますか?

A3. 犬を長時間留守番させる場合、適切な運動や刺激を与えること、安心な留守番スペースの整備、環境の調整、エンリッチメントの活用、見守りカメラの利用などが重要です。また、犬の留守番中のストレスや不安に注意し、必要な対策を取ることも大切です。

Q4. 犬を留守番させる際に工夫すべきことはありますか?

A4. 犬を留守番させる際には、ケージやサークルを活用し、適切な室温を保ち、十分な水と食事を確保すること、環境を整えて安全性を確保すること、癒しの要素を取り入れることが重要です。犬の個性に合わせた工夫をすることで、留守番環境を快適にすることができます。